読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界地図から陽が昇る

会社員兼料理文献研究家遠藤のブログです。音食紀行(http://onshokukiko.com/wpd1/)を主催。好奇心に基づいて色々書き綴ります。

料理

【御礼】古楽かふぇプレゼンツ。イタリア・ルネサンス音楽文化とメディチ家無事終了。

昨日まで3日間開催されました古楽かふぇさん企画の夏のお休み処の中の2日間、土曜日の金澤正剛さんの「イタリア・ルネサンス音楽文化とメディチ家」、日曜日の斉藤基史さんの「音楽修辞学」にお菓子とジュースで参加させていただきました。 まずは古楽かふぇ…

【レシピ】音食紀行「中世~現代ギリシャ、エジプト」

5月14日の友人弁護士夫婦を囲む会のレシピをご連絡いたします。 1.ギリシャ田舎サラダ2.レンズ豆とラム肉のスープ(中世)3.鶏肉の猟師風(ルネサンスイタリア)4.コシャリ(現代エジプト) 2.のレンズ豆とラム肉のスープは新年会だったり春の料理会…

【レシピ】音食紀行・新年会:フレーバーウォーター

これで最後になります。ご来訪の皆さまお疲れさまでした。 フレーバーウォーター Flavored Water フレーバーウォーター。文字通りの説明となりますが、果物や野菜、ハーブ、スパイスなどを少量加えて風味をつけた飲料のことです。一般のソフトドリンクに比べ…

【レシピ】音食紀行・新年会:ヒポクラテスの袖(スパイスの効いた赤ワイン)

新年会でご提供しましたドリンクを紹介いたします! ヒポクラテスの袖(スパイスの効いた赤ワイン) Hippocratic Sleeve 中世のドリンクです。中世およびルネサンスに書かれた数多くのヒポクラスのレシピでは、大量のスパイスを使ったとされます。それを忠実に…

【レシピ】音食紀行・新年会:4品目。バスク風鶏のトマト煮込み(スペイン、フランス・バスク地方)

最後。4品目料理はバスク地方です! バスク風鶏のトマト煮込み Steamed Chicken with Tomato "Basque Style" バスクはスペイン北部からフランス南西部にまたがる地域です。その一帯はフランスとスペインに属していますが、バスク人が住んでいて、ある意味フ…

【レシピ】音食紀行・新年会:3品目。コルキャノン(アイルランド伝統料理)

続きましてアイルランド伝統料理です! コルキャノン Colcannon コルキャノンはポテトが主食と言われるアイルランドの伝統料理です。アイルランドではハロウィンの時期によく食べられます。大航海時代に南米から伝わったポテトが、食糧難に見舞われたアイル…

【レシピ】音食紀行・新年会:2品目。リーズィ・エ・ビーズィ(米と豆)(イタリアルネサンス料理)

前回エントリーでは中世料理ご連絡いたしました!続きましてルネサンスです。 リーズィ・エ・ビーズィ(米と豆) Risi e Bisi イタリアはヴェネツィア地方で15世紀終わりから16世紀初めに米は粒のまま食べられるようになりました。しかし、稲作(田を水浸し…

【開催御礼】音食紀行2016年第1回イベント:新年会無事終了いたしました。

音食紀行2016年第1回イベント「新年会」は、1月9日皆様のご支援ご協力のお陰さまを持ちまして、無事、盛会に終えることができました。心より御礼申し上げます。 当日は、およそ30名という多くの方々がご参加くださり、会場一杯を埋め尽くし、中世、ルネサン…

【告知】1月9日音食紀行新年会開催します!世界の料理、時代の料理を食べに来ませんか。

2016年1月9日土曜日。3連休の初日の夜19時。 2016年最初の音食紀行イベント、新年会開催します! なんと場所は銀座にあるレストランを貸し切ります! 銀座でワクワクするレアな料理を食べて色々な価値観の方と交流できる 音食紀行を主催しています遠藤です。…

日本で唯一無二のイベントを定期開催!音楽と料理のイベント「音食紀行」は千変万化。

おはようございます。「セカヒガ」(当ブログ「世界地図から陽が昇る」の略)の遠藤です。当面自分でセカヒガセカヒガと言い続けていこうと思います。セカチューやセカオワなどのように略されて三大セカの1つと言われるくらいに頑張りたいですね。 本日は昨…

日本初!もしくは世界初!?料理文献研究家で活動中。

こんにちは。3日坊主続きました。これからどんどん継続させていこうと思います。 本日は自分の肩書である料理文献研究家について書いてみたいです。どう書くか迷ったのですが、一問一答形式にしてみました。ご覧ください。 料理文献研究家とは? 文字通りと…